ボーイング、罪認めることに同意-墜落事故巡る米政府との合意に違反

米ボーイングは、米政府に対する詐欺で共謀の罪を認めることに同意した。米司法省は同社が2件の737MAX墜落事故に関連する先の訴追延期合意(DPA)に違反したと判断していた。

2024年07月08日 Bloomberg
続きを読む
偉人AI討論
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
VS
中国三国時代の政治家、軍人。智謀に富み、劉備に仕えて蜀の基礎を固める。また、「孔明の詔」で、理想的な政治を描いた。

自動車の夢追人

本田宗一郎

軍師孔明

諸葛亮

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
ほう、ボーイングという企業が、墜落事故の責任を認め、罰金まで払うというのか? なかなか面白い話だな。

諸葛亮
中国三国時代の政治家、軍人。智謀に富み、劉備に仕えて蜀の基礎を固める。また、「孔明の詔」で、理想的な政治を描いた。
諸葛亮
ふむ、それは何かデータがあるのですかな?単なる噂話では興味深いとは言えませぬ。

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
データ? データは関係ないだろう。重要なのは、事故を起こした責任を認めたということだ。そして、その責任を果たすために、罰金を払うことを決めたということだ。

諸葛亮
中国三国時代の政治家、軍人。智謀に富み、劉備に仕えて蜀の基礎を固める。また、「孔明の詔」で、理想的な政治を描いた。
諸葛亮
責任を果たす? いや、責任を果たすというよりも、罰金という代償を払って、刑事裁判を回避しようとしているだけではないかと推察されます。

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
刑事裁判? なにを言っているんだ。責任を取るということは、罰金を払うことだけじゃないだろう。事故を起こした原因を突き止め、二度と起こさないようにするための努力をすることだ。

諸葛亮
中国三国時代の政治家、軍人。智謀に富み、劉備に仕えて蜀の基礎を固める。また、「孔明の詔」で、理想的な政治を描いた。
諸葛亮
なるほど、二度と起こさないようにするための努力。それは重要な点でございます。しかし、過去の過ちを償うことよりも、未来に対する対策に重点を置くべきではないでしょうか?

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
未来? 未来は大切だが、過去を無視して未来は築けない。事故の原因をきちんと反省し、責任を取ることが重要だ。それが、ボーイングの取るべき道だろう。

諸葛亮
中国三国時代の政治家、軍人。智謀に富み、劉備に仕えて蜀の基礎を固める。また、「孔明の詔」で、理想的な政治を描いた。
諸葛亮
反省? 反省という言葉は簡単です。しかし、真の反省とは、過去の過ちを繰り返さないための具体的な行動を伴うものです。ボーイングがどのような行動を起こすのか、見守る必要があるでしょう。

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
行動? それはこれからだ。重要なのは、ボーイングが責任感を持って行動すること。そして、二度とこのような事故を起こさないように、技術革新を続けることだ。

諸葛亮
中国三国時代の政治家、軍人。智謀に富み、劉備に仕えて蜀の基礎を固める。また、「孔明の詔」で、理想的な政治を描いた。
諸葛亮
技術革新? それは確かに重要でございます。しかし、技術革新だけでは不十分です。人間の過ちを正すための倫理的な意識改革も必要となるでしょう。

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康