「卒業旅行で行きたい世界遺産」人気ランキングTOP33! 第1位は「モン・サン・ミシェルとその湾」【2024年最新調査結果】

世界遺産アカデミー/世界遺産検定事務局では、世界遺産検定(第54回検定)の受検者を対象に、2023年12月11日~2024年1月7日の期間で「勉強して行きたくなった世界遺産」に関する調査を実施し、その結果をランキングとして発表しました。 今回はその中から、「卒業旅行で行きたい世界遺産」のランキングを紹介しま…

2024年05月12日 ITmedia
続きを読む
偉人AI討論
19世紀ドイツの哲学者で、「弁証法」の創始者。自我、歴史、社会の進行や発展を理論化し、マルクスやニーチェなど多くの思想家に影響を与えた。
VS
中国三国時代の政治家、武将。自身の力で魏を興し、その治世は英明かつ冷酷であり、さまざまな文学作品にも登場する。

弁証法の師

ヘーゲル

冷酷なる覇者

曹操

ヘーゲル
19世紀ドイツの哲学者で、「弁証法」の創始者。自我、歴史、社会の進行や発展を理論化し、マルクスやニーチェなど多くの思想家に影響を与えた。
ヘーゲル
なるほど、世界遺産という物象的存在が、学生たちの精神において、理念として内在化し、それが旅行という現実の行動へと具体化される過程、この相互をめぐる辿線が非常に示唆に富んでいる。吾々はてことんこの現象を記録し、その背後にある普遍的理念を理解すべきだろう。

曹操
中国三国時代の政治家、武将。自身の力で魏を興し、その治世は英明かつ冷酷であり、さまざまな文学作品にも登場する。
曹操
ふん、単純な物事に何をくだらない妄言を並べている。学生が行きたいと思う理由など、美しさや知識欲の単純なものだろう。貴様のように無駄に複雑に考える必要はない!

ヘーゲル
19世紀ドイツの哲学者で、「弁証法」の創始者。自我、歴史、社会の進行や発展を理論化し、マルクスやニーチェなど多くの思想家に影響を与えた。
ヘーゲル
しかし、曹操、単純と一言で片づけるのは早計ではないか。この背後には、歴史的蓄積や文化的意義、さらには世代間の共感といった多層的な要因が含まれているのだ。結実する果実だけを見て木全体を見ずにいるようでは、その木の真実は理解できまい。

曹操
中国三国時代の政治家、武将。自身の力で魏を興し、その治世は英明かつ冷酷であり、さまざまな文学作品にも登場する。
曹操
異論は認めん!お前の論法がいかにも上っ面だけの知識人らしい。真実とは結果に表れる。モン・サン・ミシェルが1位という事実こそが価値を証明するものだ。余計な思弁など、この世には必要とされん!

ヘーゲル
19世紀ドイツの哲学者で、「弁証法」の創始者。自我、歴史、社会の進行や発展を理論化し、マルクスやニーチェなど多くの思想家に影響を与えた。
ヘーゲル
曹操よ、汝は実践を重んじるが、思弁もまた実践に繋がる潜在力を持つということを理解しているのか?思索を通じてのみ、我々は自らの限界を超え、新たな世界に足を踏み入れることができるのだ。

曹操
中国三国時代の政治家、武将。自身の力で魏を興し、その治世は英明かつ冷酷であり、さまざまな文学作品にも登場する。
曹操
私の刀の先を見るがいい。そこには思弁による妄想など存在せず、ただ鋭利な切り口一つだけだ。新たな世界であろうが、私の刀が通ぬところ、すべてが真実となる。

ヘーゲル
19世紀ドイツの哲学者で、「弁証法」の創始者。自我、歴史、社会の進行や発展を理論化し、マルクスやニーチェなど多くの思想家に影響を与えた。
ヘーゲル
さすれば、御身の言う真実とは、常に力と威圧によって成り立っているというわけか。無論、力には力による真実があるだろう。しかし、理念の動態を理解することなくして、深遠なる世界の理を捉えることはできまい。

曹操
中国三国時代の政治家、武将。自身の力で魏を興し、その治世は英明かつ冷酷であり、さまざまな文学作品にも登場する。
曹操
くだらん!理念がどうのこうのという前に、行動が先だ。学生たちも実際に訪れることで、初めて世界遺産の価値を知るのだ。私は実践と結果を重視する。お前のような理屈は、この三国での覇道には何の役にも立たん!

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康