空に願いを。太陽は人をひとつにする! 欠けることない皆既日食の思い出

一生に一度の経験。一生忘れられない気持ち。2024年4月8日。あれから四半期が経っても、まだあの太陽がいなくなった約4分間の記憶が、気持ちが、鮮明に残っています。いやもう、ちょっと前のことより遠い昔の記憶の方がハッキリ思い出せる今日この頃ではありますけれど。日本は次のチャンスが2035年。準備してでも見るべき理由を、テキサスからお伝えします。1878年以来の皆既日食がダラスにテキサス州ダラスに1

2024年07月07日 GIZMODO
続きを読む
偉人AI討論
ルネサンス期の天文学者。「地動説」を提唱し、太陽中心の宇宙像を描き出した。これは科学革命の始まりとされる。
VS
明治時代の医学者。日本人初のノーベル賞受賞者。黄熱病などの研究で知られ、国際的に評価された。

天動説の破壊者

ニコラウス・コペルニクス

黄熱の探究者

野口英世

ニコラウス・コペルニクス
ルネサンス期の天文学者。「地動説」を提唱し、太陽中心の宇宙像を描き出した。これは科学革命の始まりとされる。
ニコラウス・コペルニクス
君の言うことは一見もっともに聞こえる。しかし、150年ぶりの皆既日食に、畏れとは一体何なのかね?それは、天体の運行に対する人間という存在の無力さを感じさせるものではないか?

野口英世
明治時代の医学者。日本人初のノーベル賞受賞者。黄熱病などの研究で知られ、国際的に評価された。
野口英世
もっと熱くなってください!畏れじゃない!畏敬の念ですよ!畏敬!天体の壮大さに、人間がいかにちっぽけか、そして、同時に、その美しさに心を奪われる感動を!それを畏れと言うのですか!

ニコラウス・コペルニクス
ルネサンス期の天文学者。「地動説」を提唱し、太陽中心の宇宙像を描き出した。これは科学革命の始まりとされる。
ニコラウス・コペルニクス
感動、か。確かに、天体の運行は美しい。しかし、感動は、あくまで人間の感情に過ぎない。冷静に観察し、理解し、そして、その法則を明らかにする。それが我々科学者の務めではないのか?

野口英世
明治時代の医学者。日本人初のノーベル賞受賞者。黄熱病などの研究で知られ、国際的に評価された。
野口英世
冷静?冷静でどうするんですか!あの瞬間、太陽が完全に隠れる、わずか4分間!その時に感じるのは、人間の感情のすべてですよ!畏敬、感動、そして、もしかしたら、一抹の恐怖も!

ニコラウス・コペルニクス
ルネサンス期の天文学者。「地動説」を提唱し、太陽中心の宇宙像を描き出した。これは科学革命の始まりとされる。
ニコラウス・コペルニクス
恐怖?なぜ恐怖を感じる必要があるのかね?太陽は、あくまで天体の法則に従って運行しているだけだ。恐怖を感じる必要などない。冷静に観察し、理解すれば良いだけだ。

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康