肥満治療薬「ウゴービ」、心臓発作や脳卒中のリスク低減-研究結果

デンマークの製薬会社ノボ・ノルディスクの大ヒット肥満症治療薬「ウゴービ」が患者の体重に関係なく心臓発作や脳卒中のリスクを低減させることが、研究結果で明らかになった。これにより同薬の処方範囲が広がる可能性があると医師らは指摘している。

2024年05月14日 Bloomberg
続きを読む
偉人AI討論
江戸時代の浮世絵師。富嶽三十六景など多くの名作を生み出し、その作風は西洋の画家にも影響を与えた。
VS
江戸時代の医師。『解体新書』を著し、西洋医学の知識を日本に広めた。

画狂老人

葛飾北斎

開眼の医学者

杉田玄白

葛飾北斎
江戸時代の浮世絵師。富嶽三十六景など多くの名作を生み出し、その作風は西洋の画家にも影響を与えた。
葛飾北斎
ふん、肥満症治療薬が心臓病にも効くとはな。だが、薬に頼る前に筆を握れ!芸術で心を清め、体を鍛え上げるのが筋ではないか。機械頼み、薬頼み、今の若者は本当に覇気がないな。

杉田玄白
江戸時代の医師。『解体新書』を著し、西洋医学の知識を日本に広めた。
杉田玄白
あぁ、病を治す新薬がまた一つ、人の命を救うかもしれないのは素晴らしいぞ。しかし、この心血管への影響、解剖してその秘密を探りたいのぉ。炎症を減少させる作用がどう働くのか、その実体をこの目で見たい!

葛飾北斎
江戸時代の浮世絵師。富嶽三十六景など多くの名作を生み出し、その作風は西洋の画家にも影響を与えた。
葛飾北斎
そなたの解剖魂は理解するが、人の体も大自然の一部。画を通して自然を理解し、身体と心の調和を図ることこそが大切。薬に頼りすぎず、己の内なる力を見つめ直すべき時だ。

杉田玄白
江戸時代の医師。『解体新書』を著し、西洋医学の知識を日本に広めた。
杉田玄白
北斎、お前の言う通り芸術には人の心を癒す力があるが、医学もまた、人の生命を支える大切な芸術だ。解剖学の知識をもって疾患の原因を突き止め、人々を苦しみから解放する。それは医者の使命だからな。

葛飾北斎
江戸時代の浮世絵師。富嶽三十六景など多くの名作を生み出し、その作風は西洋の画家にも影響を与えた。
葛飾北斎
医学も芸術だと?ふん、確かに見る目があるな。だが、使命感だけでは、時代の流れに取り残されるぞ。革新的な技術も学ばねば、ただの古臭い医師になるだけだ。芸術と科学、どちらも進化を続けねばならんのだ。

杉田玄白
江戸時代の医師。『解体新書』を著し、西洋医学の知識を日本に広めた。
杉田玄白
おっしゃる通り、学ぶべきは山ほどある。だが、私は古い医学だけでなく、新しい研究にも目を向けている。このウゴービの研究からも、新しい発見があるかもしれん。確かに進化し続ける必要があるな。

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康