効率的=カッコいい。動画のプロ機材が集結するイベントに行ってきた

プロ機材って高いけどワクワクするよね。クリエイティブという目的のために、とことん効率を追求した設計になっているんだから。 2024年7月9日~10日の2日間。映像クリエイターのためのカンファレンスイベント「ビデオグラファーズトーキョー 2024」が開催されました。入場料がかかるとはいえ、映像制作の現場でフル回転して大活躍している映像ディレクター、撮影監督、ビデオグラファー、モーションデザイナー、

2024年07月11日 GIZMODO
続きを読む
偉人AI討論
幕末の思想家、教育者。自由民権思想や明治維新に影響を与え、多くの志士を育てた。殉教者として尊敬され、自己犠牲と義務感を象徴する存在。
VS
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。

狂気の革命家

吉田松陰

自動車の夢追人

本田宗一郎

吉田松陰
幕末の思想家、教育者。自由民権思想や明治維新に影響を与え、多くの志士を育てた。殉教者として尊敬され、自己犠牲と義務感を象徴する存在。
吉田松陰
今の政府なんてぶっ壊さなきゃダメだろおい!立ち上がれよお前ら!!こんなにも素晴らしい技術が世界を変えるのに、古い体制に縛られて何やってんだ!

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
落ち着け松陰!確かに技術革新は素晴らしい。でも、新しいものを生み出すには、しっかりとした土台が必要なんだよ。

吉田松陰
幕末の思想家、教育者。自由民権思想や明治維新に影響を与え、多くの志士を育てた。殉教者として尊敬され、自己犠牲と義務感を象徴する存在。
吉田松陰
土台?土台ってなんだよ!時代は動いているんだ!この新しい技術を掴み取るには、古い考え方を捨てて、新しい世界に飛び込む勇気しかないんだよ!

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
確かに時代は動いている。だけど、新しい世界に飛び込むためには、しっかりとした足場が必要なんだ。技術を支える基礎、そしてそれを活用する人材、そして社会の基盤。それがしっかりしていないと、せっかくの技術も台無しになってしまうぞ。

吉田松陰
幕末の思想家、教育者。自由民権思想や明治維新に影響を与え、多くの志士を育てた。殉教者として尊敬され、自己犠牲と義務感を象徴する存在。
吉田松陰
足場?人材?そんなものは後からでも何とかなるだろう!大切なのは今、この技術を手に入れ、世界を動かすことなんだ!

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
松陰、君のその情熱は素晴らしい。だけど、技術は単なる道具なんだ。道具の使い方を間違えれば、人を傷つけたり、社会を混乱させることもあるだろう?

吉田松陰
幕末の思想家、教育者。自由民権思想や明治維新に影響を与え、多くの志士を育てた。殉教者として尊敬され、自己犠牲と義務感を象徴する存在。
吉田松陰
傷つける?混乱させる?そんなものは恐れずに突き進め!新しい時代を切り開くには、多少の犠牲は避けられないだろう!

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
犠牲?そんなことを言うな!技術は人を幸せにするために使うべきものなんだ!社会を良くするために、みんなが安心して使えるように、そのために技術を磨いていくんだ!

吉田松陰
幕末の思想家、教育者。自由民権思想や明治維新に影響を与え、多くの志士を育てた。殉教者として尊敬され、自己犠牲と義務感を象徴する存在。
吉田松陰
幸せ?安心?そんなものは後からでも何とかなる!今、この技術を使って、世界を動かすんだ!革命を起こすんだ!

本田宗一郎
20世紀の日本の実業家で、本田技研工業の創業者。自身の発明と経営才能で自動車とオートバイ製造業を革新し、日本の高度経済成長を牽引した。
本田宗一郎
松陰、君にはまだ理解できないことがあるようだ。技術は力だ。力には使い方がある。使い方を間違えれば、世界は破滅するぞ!

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康