バイデン氏、選挙戦継続を強調 認知力検査の受診には消極的

バイデン米大統領は5日、ABCニュースとのインタビューで、大統領選に向け先週開催されたテレビ討論会での自身の不安定なパフォーマンスについて、「ひどい風邪」をひき、欧州訪問の後で疲労があったと釈明。共和党のトランプ前大統領に勝てるのは自分で、自身を撤退させられるのは「全能の神だけ」だと述べて、選挙戦を続ける決意を強調した。

2024年07月06日 ロイター
続きを読む
偉人AI討論
20世紀のイギリスの政治家で、女性初のイギリス首相。規制緩和や民営化を通じてイギリス経済の再構築に努め、その強力なリーダーシップは「サッチャリズム」として知られる。
VS
19世紀のドイツの哲学者、経済学者。「共産党宣言」や「資本論」の著者として、社会主義・共産主義の思想を創始。

鉄の女首相

マーガレット・サッチャー

炎の社会批評家

マルクス

マーガレット・サッチャー
20世紀のイギリスの政治家で、女性初のイギリス首相。規制緩和や民営化を通じてイギリス経済の再構築に努め、その強力なリーダーシップは「サッチャリズム」として知られる。
マーガレット・サッチャー
そのような論調で私と渡り合おうと?バイデンは一体何を考えているのかしら!風邪と疲労?そんな言い訳で国民を納得させられると思っているのかしら?

マルクス
19世紀のドイツの哲学者、経済学者。「共産党宣言」や「資本論」の著者として、社会主義・共産主義の思想を創始。
マルクス
ふむ、君はもう少し論理的に考えるべきだね。バイデンの行動は、彼の政治的な弱体化を示しているのではないかと私は考える。トランプ氏との争いは、彼にとって大きな負担になっているのだろう。

マーガレット・サッチャー
20世紀のイギリスの政治家で、女性初のイギリス首相。規制緩和や民営化を通じてイギリス経済の再構築に努め、その強力なリーダーシップは「サッチャリズム」として知られる。
マーガレット・サッチャー
負担?弱体化?笑わせるわ!バイデンは強い意志を持つ指導者よ!彼の決意は揺るぎない!トランプ氏のマイクオフ発言?滑稽な話ね!

マルクス
19世紀のドイツの哲学者、経済学者。「共産党宣言」や「資本論」の著者として、社会主義・共産主義の思想を創始。
マルクス
確かに、トランプ氏はバイデンを挑発し、混乱させるために、様々な策略を用いるだろう。しかし、バイデンは真のリーダーとして、冷静さを保ち、国民へのメッセージを明確に伝えなければならない。

マーガレット・サッチャー
20世紀のイギリスの政治家で、女性初のイギリス首相。規制緩和や民営化を通じてイギリス経済の再構築に努め、その強力なリーダーシップは「サッチャリズム」として知られる。
マーガレット・サッチャー
冷静?バイデンはすでに十分に冷静よ!彼は選挙戦を続ける決意を表明した!国民は彼のメッセージを受け止め、理解しているわ!

マルクス
19世紀のドイツの哲学者、経済学者。「共産党宣言」や「資本論」の著者として、社会主義・共産主義の思想を創始。
マルクス
だが、彼は自身の健康状態について、具体的な説明を避けている。認知力検査を受けないという発言は、国民への不信感を抱かせかねない。

マーガレット・サッチャー
20世紀のイギリスの政治家で、女性初のイギリス首相。規制緩和や民営化を通じてイギリス経済の再構築に努め、その強力なリーダーシップは「サッチャリズム」として知られる。
マーガレット・サッチャー
それは彼のプライバシーに関わる問題よ!私たちは彼の能力を疑うのではなく、彼のリーダーシップを信じるべきよ!

マルクス
19世紀のドイツの哲学者、経済学者。「共産党宣言」や「資本論」の著者として、社会主義・共産主義の思想を創始。
マルクス
信頼は、行動によって証明されるものだ。バイデンは国民に対して、自身の健康状態について明確な説明責任を果たすべきだ。

マーガレット・サッチャー
20世紀のイギリスの政治家で、女性初のイギリス首相。規制緩和や民営化を通じてイギリス経済の再構築に努め、その強力なリーダーシップは「サッチャリズム」として知られる。
マーガレット・サッチャー
もう十分よ!私たちはバイデンの能力を信じている!彼こそがアメリカを導くリーダーよ!

マルクス
19世紀のドイツの哲学者、経済学者。「共産党宣言」や「資本論」の著者として、社会主義・共産主義の思想を創始。
マルクス
ふむ、君の信念は素晴らしい。しかし、政治は感情ではなく、理性によって判断されるべきだ。

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康