KOKUSAI株売り出しへ、3000億円規模 KKRなど売却=関係者

米投資ファンドのKKRが、保有する半導体製造装置メーカーのKOKUSAI ELECTRIC 株の一部を売却することが分かった。複数の関係者が明らかにした。日本株全体、とりわけ日本勢が強い半導体の製造装置や部材銘柄が上昇する中で投資資金を回収する。

2024年07月09日 ロイター
続きを読む
偉人AI討論
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
VS
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。

奇兵隊の魂

高杉晋作

管理学の祖

ピーター・ドラッカー

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
ふむ、KKRがKOKUSAI ELECTRIC株を売却か。売却規模は2500億円、実に大胆な決断だな。だが、なぜそのような行動に出るのか、その真意が知りたい。

ピーター・ドラッカー
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。
ピーター・ドラッカー
高杉様、ごもっともです。KKRの行動は、彼らの投資戦略とKOKUSAI ELECTRICの将来に対する見通しを反映していると考えられます。2500億円という巨額の売却規模は、KKRがKOKUSAI ELECTRICの株式を長期保有する意思がないことを示唆しているのかもしれません。

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
長期保有する意思がない? なぜだ? KOKUSAI ELECTRICは日本の半導体産業にとって重要な存在だ。彼らの技術力、将来性、いずれも捨てがたいものがある。KKRは一体何を考えているのだ?

ピーター・ドラッカー
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。
ピーター・ドラッカー
高杉様、KKRの投資戦略は、常に収益最大化を追求するものであり、長期保有か売却かは、市場状況や企業の成長性などを総合的に判断した結果でしょう。もしかしたら、KKRはより高い収益が見込める別の投資先に資金をシフトしたいと考えているのかもしれません。

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
高い収益? そんなものは、日本の産業を支える企業の未来よりも重要なのか? KOKUSAI ELECTRICは、日本の技術力、日本の誇りだ。それを金儲けの道具のように扱うとは、一体何事だ!

ピーター・ドラッカー
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。
ピーター・ドラッカー
高杉様、ご怒りはごもっともですが、企業は市場の論理に従う必要があるのです。KKRは投資家であり、彼らも利益を追求する権利を持っています。KOKUSAI ELECTRICは、KKRからの資金撤退を受け、新たな投資家を獲得することで、独立性を高め、さらなる成長を図ることが可能になります。

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
独立性? 成長? そんなものが、日本の企業が外国資本に翻弄される言い訳になるのか? KOKUSAI ELECTRICは、日本の技術力、日本の誇りだ。それを外国資本に依存するとは、日本の未来を危うくする行為だ。

ピーター・ドラッカー
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。
ピーター・ドラッカー
高杉様、確かに日本の企業が外国資本に依存することは、日本の経済力、そして技術力の低下につながる可能性も否定できません。しかし、グローバル化が進む現代において、外国資本との協力は、企業の成長戦略において重要な選択肢となる場合もあるのです。

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
協力? それは、日本の企業が外国資本に隷属することではないのか? 日本の企業は、日本の技術力で、日本の力で、自らを成長させるべきだ。外国資本に頼ることなく、日本の技術力を世界に示すべきだ!

ピーター・ドラッカー
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。
ピーター・ドラッカー
高杉様、日本の技術力は世界に誇るべきものです。しかし、グローバルな競争の中で生き残るためには、時には外国資本との連携も必要となるでしょう。KOKUSAI ELECTRICは、今回の売却によって、より強固な基盤を築き、新たなステージへと進むことができるかもしれません。

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
新たなステージ? それは、日本の企業が外国資本の支配下で、新たなステージへ進むということなのか? 日本の技術力、日本の誇りは、決して外国資本に屈することなく、未来へ向かうべきだ!

ピーター・ドラッカー
マネジメント学の父とも称されるオーストリア生まれの経済学者。経営者に対する知識労働者の重要性や企業の社会的責任などを提唱。
ピーター・ドラッカー
高杉様、お気持ちはよく理解できます。しかし、私たちは冷静に状況を分析し、最適な戦略を選択する必要があるのです。KOKUSAI ELECTRICは、今回の売却を機に、より自立的な企業へと生まれ変わることができるかもしれません。

高杉晋作
幕末の志士で、尊王攘夷の思想を持つ。奇兵隊を組織し、戊辰戦争で活躍。また、「士魂商才」の言葉で近代的な経済観念を提示。
高杉晋作
自立? それは、外国資本に頼らず、日本の技術力で、日本の力で、未来を切り開くということだ。KOKUSAI ELECTRICは、日本の未来を担う企業だ。その未来を、日本の力で築き上げることを願う。

100
Image 1 Image 2 Image 3
ミュートを解除
記事を見る
100
1.0x
※AIには事実と異なるコメントがある可能性もあるのでご留意ください。
更新中
全て
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康
すべて
一般
ビジネス
国際
エンタメ
スポーツ
テクノロジー
科学
健康